スキルだけでは不十分!?売れるゲームを作るには

ゲーム制作を学ぶには専門学校へ

将来の就職を考えた場合に楽しく働ける会社がいいとして、自分が好きなテレビゲーム等のクリエーターやデザイナなどを目指す人がいます。かといって、学校の授業でゲーム制作について教えることはなく、そのためには自分で専門学校に行って勉強するしかないです。義務教育を終えてゲーム制作の専門学校に行ってゲーム会社で働けるためのノウハウを身につける人も多いです。そのような人は多いものの、実際に有名なゲームソフトを制作できる人は多くはないです。

学校で教えてくれないこと

ゲームソフトを制作するためにはプログラマーやデザイナーといったスキルを持った人が必要で、そのような人になるために専門学校でスキルを身につけます。ただそのようなスキルが身についたとしても考えを形にできるだけで、そこに万人を楽しませるような面白さがないと売れないですし、ヒットもしないです。つまりはゲームを制作する上で重要なのは、それらを制作するためのスキル以上に、誰でもが楽しめるゲームシナリオをクリエイトできることでそれは一長一短で身につけることができないです。

万人が楽しめるシナリオ

そのためにいろいろな本を読んだり、日常生活の中でも面白いことがあれば手帳にメモしたりと日ごろから注意深く観察することが必要になります。その楽しさが自己満足でないか、エゴではないかを自問自答して、万人が楽しめるものを考えて、また将来の流行を予想してそれを先取りした形でゲーム化する必要があります。流行になっていることをゲームソフトにするだけでも時間がかかり、ソフトができた時には流行が過ぎていることもあります。専門学校ではそのような制作する上での背景も学ぶことになります。

ゲームの専門学校を選ぶコツは今後の就職などに活かせるように必要な知識を学べるように考え、自分に適したコースを探すと効果的です。

Comments are closed.