弁護士の資格を活かす道はどのような方法がある?

弁護士事務所で実務を積んでいく

法律のことといえば弁護士というようなイメージが強いぐらい弁護士の資格は有名なものです。そんな弁護士ですが資格としてはどのような活用の仕方があるのか気になるところですよね。特に弁護士になりたくて勉強してる人はなおさらです。せっかく弁護士資格を取得したのに何もできないのであれば意味がなくなってしまいますから。さて、いちばん最初の活用方法ですが、他の弁護士事務所でアシスタントや事務的なことをしながら実務経験を積んでいくということです。これは昔からしている人が多い方法ですので、弁護士事務所を見つけることができるならばこの方法が良いかもしれませんね。

会社の法務部で実務を積んでいく

弁護士の資格を取得したら、弁護士事務所で働きながら実務の経験を積んでいくという方法がわかりました。しかし自分の希望する弁護士事務所に就職することができなかった場合はどうすればよいのでしょうか。そこで考えられる方法としては、弁護士事務所などではなく一般企業の会社の法務部に就職してしまうという方法です。企業の法務部であれば法律のことに詳しい弁護士資格を取得している人は欲しいものと考えています。そのため弁護士資格を取得していれば、会社の法務部で働くことができるものなのです。そこで法律的なことに関する実務の勉強をしていくと良いでしょう。

最初から独立開業する

弁護士資格を取得したら、弁護士事務所か会社などの法務部で働くという選択肢があるということがわかりましたね。しかし弁護士という難しい資格を取得したらからには、誰からも雇われるようなこともなく自分で稼ぎたいと、自分の力だけで稼ぎたいと思う人もいるものです。そのような人に考えられる方法としては、最初から独立して自分の事務所をかまえてしまうという方法です。実務を経験しているわけではないですが、勉強会なので学びながら、また他の士業や専門家と連携をしながら実務を行っていけば、自分1人の力でもできるものでしょう。このように弁護士資格を取得したらいくつかのその後の方法はあるものです。ぜひ自分にあった道を選び弁護士資格を活用しましょう!

mikataに加入しておけば弁護士費用を保険料で支払うことができるので、訴訟を起こされた場合にも安心です。

Comments are closed.