相手に合わせたマナーが求められる接客での注意点

接客マナーが印象を大きく変える

良くも悪くも接客マナーはお店そのものの印象を決定付けてしまいます。仮にマナーが悪ければお店そのものの印象が悪くなってしまいますし、良ければリピーターとなってくれる場合もあります。言葉遣いや表情などを注意しつつ、お店の雰囲気に合わせたマナーを心掛けることが、双方にとって後腐れのない状態を維持することができるのです。それは飲食店や雑貨、アパレルなど問わず、あらゆる業種に当てはまることといえるでしょう。

相手に合わせたやり方で

お客さんは一人一人異なります。マニュアル通りの接客を行なえば確かに間違えることはないのですが、与える印象が変化してくることもあります。そのためにそれぞれに合わせた接客を行なうように心掛けるようにすれば、より良い印象を与えることができるばかりか、より距離が近くなるのです。合わせるとはいえ、根底にはマニュアルがありそれを前提として守り続けることが求められるのは言うまでもなりませんが、変化をつけるのは重要になります。

経験を積めば積むほどクオリティが上がる

接客は経験を積めば積むほど接客マナーは向上します。いくらセミナーや本などで知識を身に着けたところで、なかなか実践に移すのは難しく、クオリティを上げていくのが難しいためです。経験の中で、この人にはこうしたマナーで接しよう、というノウハウをどれだけ有しているかによって相手に与える印象が変わるのです。そのため、スキルを向上させるためには積極的にお客さんと接し、対応をしていく姿勢を維持し続けることが求められるといえるでしょう。

就業規則はその企業の法律です。これを守らないことは、解雇事由の大きな理由になります。法律と同様、守ることが最低限のルールといえます。

Comments are closed.