• 依頼で失敗しない為に!良い弁護士の見極め方

    過去にどれくらいの実績があるのか 弁護士に相談

    learn more
  • 利回りの高い有利な投資先としてのJ-REIT!

    J-REITの仕組み 皆さんは、J-REITと

    learn more
  • 相手に合わせたマナーが求められる接客での注意点

    接客マナーが印象を大きく変える 良くも悪くも接

    learn more
  • 弁護士のメリットとデメリットは何がある?

    弁護士とは何をしてくれる人? 弁護士という資格

    learn more

依頼で失敗しない為に!良い弁護士の見極め方

過去にどれくらいの実績があるのか

弁護士に相談をする時には、当然ですが事前に出来る限りの下調べをしなくてはいけません。依頼料は決して安くはありませんので、失敗しない為にも、良い弁護士かどうか見極める力をつけなくてはいけないのです。まず、一番大切なのが、その弁護士の実績です。自分が相談をしたい内容に合わせて、離婚であれば、離婚ケースをどれくらい取り扱った事があるのかというのをきちんとチェックしましょう。たとえ実績があったとしても、自分が相談したい内容と全く関係の無い実績でしたら、意味がありませんよ。

言いたいことが言えるか

どれだけ実績がある弁護士でも、どういった方針で仕事を進めていくか、納得のいくまで話し合いが出来るかどうかというのは、とても重要です。弁護士が親身になって、あなたの話をきちんと聞いてくれるかどうかというのは、信頼関係に繋がります。ですので、あなたが相談をした時に、どういった方針で仕事を進めるのか、質問した事に対して、回答が正確でないような弁護士とは、いくら実績があったとしても、依頼をするのは避けたほうが無難でしょう。

説明が的確で解りやすい

一番大切なのが、良い所だけを言わない弁護士です。相談をした際には、必ずこちらにとって有利な点と、不利な点は存在するものです。ですので、いいことばかり言っている弁護士はとてもではありませんが、信用することは出来ないのです。また、必要経費や時間も、きちんと説明してくれる弁護士のほうが、安心して費用を揃えることが出来ますよね。良い事ばかり並べて、肝心な事は一切説明しないような弁護士には、絶対に依頼しないようにしましょう。

企業運営をしていく際に、法律的な疑問に直面する場面も多いものです。そんな時には、予め顧問弁護士を雇っておくと頼りになります。

利回りの高い有利な投資先としてのJ-REIT!

J-REITの仕組み

皆さんは、J-REITという言葉を聞いたことがあるでしょうか?Japan Real Estate Investment Trustの略で、日本語で不動産投資信託と呼ばれることもあります。これは、簡単に言いますと、不動産賃貸業に特化した不動産会社のことで、投資家や借入先から得た資金をもとに賃貸不動産を購入し、賃貸不動産の運用は専門会社に委託して、そこから生じる賃料や売却益を投資家に分配するという仕組みになっています。

J-REITの資金の流れ

例えば、投資家から300億円・借入先から200億円を調達し、500億円の不動産を購入したとします。そして、500億円の不動産を所有する事によって、50億円の賃料収入が得られたとします。この場合、不動産の運営経費に30億円、借入先への支払い利息に4億円かかったとしますと、経費の合計が34億円で、50億円-34億円=16億円の当期利益となり、この16億円が投資家に分配金として還元されるという仕組みとなります。

J-REITは法人税免除!

ここでのポイントは、普通の事業会社であれば、16億円の利益から約38%の法人税を支払わなければならないのに対して、J-REITの場合には、法人税が免除されているということです。ですから、利益をまるまる投資家に還元することができるわけなのです。つまり、投資金額に対する分配金の利回りは、事業会社が平均1.5%くらいであるのに対して、J-REITは3%近くにもなっており、非常に有利な投資対象となっています。

ファンドラップは基本的にはリスクの軽減に役立ちますが、業者によってサービス性は変わるのでメリットも異なるものです。

相手に合わせたマナーが求められる接客での注意点

接客マナーが印象を大きく変える

良くも悪くも接客マナーはお店そのものの印象を決定付けてしまいます。仮にマナーが悪ければお店そのものの印象が悪くなってしまいますし、良ければリピーターとなってくれる場合もあります。言葉遣いや表情などを注意しつつ、お店の雰囲気に合わせたマナーを心掛けることが、双方にとって後腐れのない状態を維持することができるのです。それは飲食店や雑貨、アパレルなど問わず、あらゆる業種に当てはまることといえるでしょう。

相手に合わせたやり方で

お客さんは一人一人異なります。マニュアル通りの接客を行なえば確かに間違えることはないのですが、与える印象が変化してくることもあります。そのためにそれぞれに合わせた接客を行なうように心掛けるようにすれば、より良い印象を与えることができるばかりか、より距離が近くなるのです。合わせるとはいえ、根底にはマニュアルがありそれを前提として守り続けることが求められるのは言うまでもなりませんが、変化をつけるのは重要になります。

経験を積めば積むほどクオリティが上がる

接客は経験を積めば積むほど接客マナーは向上します。いくらセミナーや本などで知識を身に着けたところで、なかなか実践に移すのは難しく、クオリティを上げていくのが難しいためです。経験の中で、この人にはこうしたマナーで接しよう、というノウハウをどれだけ有しているかによって相手に与える印象が変わるのです。そのため、スキルを向上させるためには積極的にお客さんと接し、対応をしていく姿勢を維持し続けることが求められるといえるでしょう。

就業規則はその企業の法律です。これを守らないことは、解雇事由の大きな理由になります。法律と同様、守ることが最低限のルールといえます。

弁護士のメリットとデメリットは何がある?

弁護士とは何をしてくれる人?

弁護士という資格は世の中の人たちで知らない人はいないのではないかというくらい有名な職業の1つですよね。そこで今一度、弁護士はどのようなことをしてくれる人なのか確認をしてみましょう。まず1番わかりやすいのが裁判などになった場合に一緒に裁判所に行って裁判をしてくれる人です。また法律的な手続きや、裁判所以外での法律的なトラブルを解決してくれる人ということもしてくれます。つまり法律に関する事は弁護士が行ってくれるということになりますね。

弁護士に頼むと良い事と良くない事は?

そんな法律的なことをすべてしてくれる心強い弁護士ですが、弁護士に頼むと良いこと、良くないことはどの様なことがあるのでしょうか。まず良いことですが、なんといっても法律的なトラブルが発生したときにすべて任せることができるということになります。司法書士という資格者や行政書士という資格者も法律的なことをすることができるのですが、すべてすることができないとされています。それに比べると弁護士はすべてのことができるのでその点はやはり良い点でしょう。そしてあまり良くないことといえば金銭的な報酬が比較的高いという点です。すべてやってくれるということもあり、やはりその分は金銭的な費用はかかってしまうことになります。

結局は弁護士に頼む方が良い?

そんなすべてのことをしてくれる弁護士について、良いことと良くないことがなんとなくわかったと思いますが、結局は弁護士に頼む方が良いのかどうかというのが迷うところですね。この点に関してはそれぞれの状況にもよるところです。法律的なトラブルに関わることが大きい問題であればやはり弁護士に頼むことが良いでしょう。また金銭的なことに関してみると、大きな金額であればやはり弁護士に頼む方が良いと考えられますね。つまり大きいトラブルであったり、金銭的に多額なものであれば最初から弁護士に頼むと良いでしょう。

ミカタに加入をしておくと万が一に法的なトラブルに巻き込まれた場合にも、補償を受けることが出来るので安心です。

弁護士の資格を活かす道はどのような方法がある?

弁護士事務所で実務を積んでいく

法律のことといえば弁護士というようなイメージが強いぐらい弁護士の資格は有名なものです。そんな弁護士ですが資格としてはどのような活用の仕方があるのか気になるところですよね。特に弁護士になりたくて勉強してる人はなおさらです。せっかく弁護士資格を取得したのに何もできないのであれば意味がなくなってしまいますから。さて、いちばん最初の活用方法ですが、他の弁護士事務所でアシスタントや事務的なことをしながら実務経験を積んでいくということです。これは昔からしている人が多い方法ですので、弁護士事務所を見つけることができるならばこの方法が良いかもしれませんね。

会社の法務部で実務を積んでいく

弁護士の資格を取得したら、弁護士事務所で働きながら実務の経験を積んでいくという方法がわかりました。しかし自分の希望する弁護士事務所に就職することができなかった場合はどうすればよいのでしょうか。そこで考えられる方法としては、弁護士事務所などではなく一般企業の会社の法務部に就職してしまうという方法です。企業の法務部であれば法律のことに詳しい弁護士資格を取得している人は欲しいものと考えています。そのため弁護士資格を取得していれば、会社の法務部で働くことができるものなのです。そこで法律的なことに関する実務の勉強をしていくと良いでしょう。

最初から独立開業する

弁護士資格を取得したら、弁護士事務所か会社などの法務部で働くという選択肢があるということがわかりましたね。しかし弁護士という難しい資格を取得したらからには、誰からも雇われるようなこともなく自分で稼ぎたいと、自分の力だけで稼ぎたいと思う人もいるものです。そのような人に考えられる方法としては、最初から独立して自分の事務所をかまえてしまうという方法です。実務を経験しているわけではないですが、勉強会なので学びながら、また他の士業や専門家と連携をしながら実務を行っていけば、自分1人の力でもできるものでしょう。このように弁護士資格を取得したらいくつかのその後の方法はあるものです。ぜひ自分にあった道を選び弁護士資格を活用しましょう!

mikataに加入しておけば弁護士費用を保険料で支払うことができるので、訴訟を起こされた場合にも安心です。

弁護士の仕事は多岐に渡る!専門家として活躍できる仕事

弁護士は法律全般の専門家

弁護士のイメージは人によって多少違うかもしれませんが、多くの人は法律の専門家だと認識はしているでしょう。また、司法試験は超難関資格だということも広く知られていますので、弁護士は優秀な人がなるのだろうというイメージを持っている人もいるかもしれません。実際に、すべての法律について一通りは理解していることが求められるので優秀だといえるでしょう。もちろん、仕事をする上では、その中でも専門分野を持ってやっている人が多いようです。

弁護士は依頼されたら依頼人の利益を守る

弁護士の仕事の開始は、依頼人から相談を受ける時でしょう。依頼人は法律相談をするというより、困っている状況を助けてくれという気持ちで来ることも多いです。弁護士は、その状況を改善できるように、また解決できるように、専門の法律知識を駆使して依頼人をサポートするのです。依頼を受けたら、弁護士は依頼人の利益を守ることが大切になります。依頼人に寄り添うという姿勢も求められるかもしれません。もちろん人間のやることですから、同じ弁護士といっても個人差はあるでしょう。

弁護士事務所も弁護士法人もある

弁護士の個人差、個人の能力の限界を解消する方法としては、数人の弁護士が集まって弁護士法人を作るやり方があります。数人の弁護士が集まることによって、それぞれの得意分野を活かしながら、広い範囲の分野のサポートが実現できるようになるでしょう。それは、依頼人にとってワンストップサービスの実現という形でのメリットがあるでしょう。弁護士法人として大きな組織になれば、大企業などの顧問なども担当できるようになるかもしれません。

普段の生活の中でのトラブルで弁護士沙汰になることはあまりありませんが、もしトラブルが起きてしまったときのために、弁護士保険に加入しておくと安心です。