火災保険に加入する際に知っておきたいメリット

戸建でも集合住宅でも火事による損害を補償

火災保険という保険には何気なく加入している人が多いと言えるかもしれません。賃貸住宅に住んでいる人は火災保険に加入するのが入居の条件となっており、その内容については深く理解していないケースも少なくありません。火災保険は戸建住宅はもちろん、マンション、アパートなどの集合住宅でも補償の対象になっており、自分がいかに気を付けていても、隣家や上下階の人の不注意により火災の被害を受けるリスクもあるのです。どのような火災であれ補償が受けられますので、家に住んでるいる限りは加入しておくことが重要です。

火事以外の水害や災害も補償対象となる

火災保険という名前からして火事による損害だけが補償されると思いがちですが、火事以外の水害や災害に対しても補償される内容になっています。雪害や雹害など、異常気象により住宅が損害を受けた場合も復旧費用が補償されますよ。ただし、地震による損害に関しては火災保険ではカバーできないため、別途地震保険に加入する必要があります。地震保険に加入するための条件としては、火災保険に加入している必要がありますので、あらゆる災害の補償を受けるためには火災保険と地震保険の両方に加入することが必要ですよ。

家財道具に対しての補償も対象となる

火災保険に加入する際に、オプションで家財補償保険に加入することができますよね。家財道具はパソコンやテレビ、タンスなど高額なものが多く、家族が増えるたびにその数も増えていく傾向にありますので、セットで加入しておくと万が一の際の金銭リスクを軽減させることができます。火災だけでなく、水害や盗難の場合でも補償されますので、火災よりも発生する可能性が高いリスクに対してもカバーできるのが嬉しいですよね。特に集合住宅では上の階からの水害リスクがありますので、家財補償に加入しておくことが重要と言えるでしょう。

火事はいつ起きるかわからないと不安に怯えながら暮らすよりは、火災保険に加入をしておけば安心して生活出来ます。

Comments are closed.